プロテインシェーカー選びを失敗した話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロテインを飲み始めて、プロテインシェーカー選びに失敗した話です。

正直、プロテインシェーカーはなんでもいいのでは?

っと思っていたので100円ショップのダイソーに行ったところ、ちゃんとプロテインシェーカーが売っていました。

しかし、ここで自分特有の事情によりダイソーのプロテインシェーカーを選びませんでした。

その理由は、

「冷たい飲み物を飲むとお腹が下りやすい」

という体質によるものです。

通常のプロテインシェーカーは電子レンジに対応しておらず、ダイソーのプロテインシェーカーも電子レンジ非対応でした。

そこで、温めた牛乳にプロテインを溶かして飲むホットプロテインに対応できるように、

あえて100円で2個入りの電子レンジ対応のフタつきタッパーを購入しました。

これに牛乳を入れて暖めて、プロテインを入れてシェイクすれば簡単に温かいホットプロテインができる!

っとおもっていたのですが、これが誤算でした。

家でいざ牛乳を入れて電子レンジで1分30秒ほどチンをしてホットミルクを作り、プロテインの粉を入れフタを締めて振ってみると。。。

 

普通にこぼれる。。。。

 

そう、フタつきの耐熱のタッパーは振ると中身がこぼれてくるのです。

フタを強めに締めて降ってみてもやはりこぼれてきました。

上からはめるタイプのフタではなく、ねじるタイプだったのでこぼれることはないかなと期待していたのですが、見事に牛乳がダラダラを漏れてしまいました。

結局、プロテインはスプーンで混ぜる事にしました。

温かいプロテインを飲みたいなら

プロテインを温めて飲みたい場合はプロテインシェーカーを使わずに、

マグカップや耐熱容器に水や牛乳を入れて電子レンジで温めて、プロテインの粉末はスプーンで混ぜる

と言うのがベストなようです。

プロテインシェーカーで混ぜてから耐熱カップで温めると言う手段も思いつきましたが、洗うの容器が2つになるので、スプーンで混ぜるのが一番楽だと思います。

プロテインは国内製造のアルプロンが一番安い

ちなみに、プロテインは単価が一番安いアルプロンで購入しました。

たんぱく質換算で、1gあたり2.8円と他とくらべてかなり安いです。また、製造が日本の島根県の工場と言うことで購入してみました。味はプレーンを選びましたが、味はごく普通ですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。