下北沢に柏のカレーの名店!SANZOU TOKYOに行ってきました!

カレー屋

下北沢に新しい商業施設reloadがオープンしました。その中でも今回は柏のカレーの名店がこのreloadにSANZOU TOKYO(サンゾウ トウキョウ)という名前で出店したということで、今回おじゃましてレビューしてきました。

辛い物が得意な人も、辛さが苦手な人にもおすすめのスパイスカレーでした。筆者的には再訪したいレベルでおいしかったので、カレーが大好きな皆さん、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

SANZOU TOKYOとはどんな店?

SANZOU TOKYO(サンゾウ トウキョウ)はカレーの名店、「カレーの店ボンベイ」(本店:柏)のカリスマシェフ、コウイチ・イソノが SANZOU TOKYOのためにつくるスペシャルカレーが勢ぞろいしたカレー屋です。
カレー屋さんにしては珍しく、立ち食い形式です。
テイクアウトにも対応しています。

また、店舗内にはギャラリーも併設してあり、日本に限らない様々な生活環境で育ってきたスタッフが厳選して取りそろえたアイテムが展示されています。

この時は特に展示ブースには飾られているものはありませんでした。

ちなみに、展示ブースに飾られたアイテムはネット限定で販売されるとのことです。

SANZOU TOKYOの店内の様子は?混んでる?行列は?

筆者は平日の12時過ぎにお邪魔しました。

お店の外観は以下のようになっています。

お店の場所は一見わかりにくいのですが、下北沢reloadに入っているお店はどのお店もこのような外観です。

オープンしたてで目立った人混みがないreloadですが、SANZOU TOKYOだけお店の外に2名ほど待ちができていました。

行列の状況は

平日12時20分、2名ほど並び 10分待ち程度

という状況でした。

また、外には列の案内表記も記載してあったので、土日はもっと並ぶと思います。

入り口には検温器が備えられており、機械の前に立つと自動で検温してくれる装置がありました。
入口奥には展示ブーススペースがありました。

店内の様子はこちら。コンクリートのグレーを基調としたシンプルでおしゃれな内装でした。

そうなんです、このお店実は立ち食い形式のカレー屋なんです。

席はカウンターのみで6席ありました。

立ち食いのカレーのため、お客さんの回転は早かったように思われます。

SANZOU TOKYOのカレーのお味は

今回は友人と一緒に行ったので2種類のカレーを注文してみました。

注文したのは

  • カシミールカレー 1000円
    鶏肉の入ったシャバシャバ系カレー
    辛さ 超辛口
  • ペトラカレー 1300円
    牛挽肉、ししとう、カシューナッツの入ったカレー
    辛さ 普通 辛くないカレー

です。

食券を渡して店員さんに席に案内されました。席から見た様子はこんな感じです。
当店にも本店と同様、キュウリと玉ねぎの付け合わせが用意されています。

 

オーダー後カレーを片手鍋に入れて温めていきます。

お目合ての料理は5分ほどで提供されました。

こちらはカシミールカレーで、下の写真がペトラカレーです。

ルーは別添えで、量を調整して頂くことができます。

ご飯は平らに盛られて提供されました。

カシミールカレーは超辛口

では、まずはカシミールカレー(超辛口)から頂きます。

店員さんも辛いよと言ってたのですが、その言葉通り赤いルーです。すくってみると、とてもさらっとした印象です。

ごろっとした鶏肉が結構入っていました。

サラッとしたルーで、ご飯にかけてみるとご飯粒の間にルーが流れていきます。

それでは頂いてみます。

匂いはほのかにスパイスが香ります。ガツンとスパイスが漂うという感じではなくかといって香辛料の辛い匂いも感じませんでした。

実際に食べてみると、後からだんだんと辛さが効いてきます。極辛口のカシミールカレーというだけあって、結構辛いです。ただ辛さはあるのですが、うまみも感じられます。
辛さは蒙古タンメン中本の蒙古タンメン以上、北極以下という感じでしょうか。激辛好きの方はご参考ください。おいしいので食べたくなる味なのですが、ただ食べ続けるうちに耳が痛くなってきて少量残してしまいました。

ペトラカレーは辛くない

続いて、ペトラカレー(辛さ普通)です。

具はしし唐とカシューナッツが入っています。

こちらは先ほどのカシミールカレーと比較すると粘性がありドロッとした印象です。

ライスの上にかけてみてもカシミールカレーと一目瞭然で、ルーがライスの上にのっています。

実際に頂いてみます。

味はひき肉で作られているのでキーマカレーに近いです。肉の味が前面に感じられました。
こちらは辛さ普通と書かれている通り、全く辛くないカレーで万人受けするような食べやすい味でした。辛いのが苦手な方にはとてもおススメです。

どちらも、塩味のようなガツンと感というよりはスパイスと素材の味を生かしたカレーのように感じられました。

付け合わせのきゅうりと玉ねぎ、どちらも大変おいしかったです。
きゅうりはややスパイスが効いており、玉ねぎはピクルスのような甘酢につけた味わいでさっぱりとした味が、カシミールカレーの辛さを和らいでくれました。

食後にはあまーいチャイを出してくれました。

甘みがガツンとあり、カルダモンとコリアンダーなど香り豊かなスパイスが香りがとてもおいしかったです。ミルクの濃厚さも合わさり食後にピッタリなチャイでした。甘いのがお好きな方は絶対気に入ってくれると思います。また、辛さを中和してくれてとてもありがたかったです。

SANZOU TOKYOのメニュー

入口横に券売機が設置されていました。

券売機の写真はこちらです。カレーは同料金でテイクアウトができます。

6種類のカレーが用意されています。

支払い方法は、現金以外にもクレジットカードやSuicaといったICカード、EdyやID、QUICPayといった電子マネーでの支払いも可能でした。

チキンカレー  ¥900
肉:鶏肉
辛さ:普通
説明:シンプルを追求。

カシミールカレー ¥1,000 ※今回注文しました
肉:鶏肉
辛さ:極辛口
説明:SANZOU カシミール

デスバレーカレー ¥1,100
肉:鶏肉
辛さ:超極辛口
説明:極限の辛さと旨み

コルマカレー ¥1,100
肉:鶏肉
辛さ:中辛口
説明:黒胡椒さわやかに薫る。

ウルルカレー ¥1,200
肉:鶏ひき肉
辛さ:極辛口
説明:分解と再構築、赤キーマ。

ペトラカレー ¥1,300 ※今回注文しました
肉:牛ひき肉
辛さ:普通
説明:和牛ひき肉と山椒薫る。

半熟たまご ¥100
説明:カレーに漬け込んだタマゴ

コールスローサラダ ¥100
説明:自家製マヨネーズとワインビネガーのサラダ

チェダーチーズ ¥100
説明:英国発祥のチェダリングチーズ

ライス大盛・パン
¥100

ルー大盛
¥200

本店の柏店では11種類のカレー用意されていますが、当店ではそのうち「チキンカレー」、「カシミールカレー」と「コルマカレー」が用意されています。

立ち食いは背の低い人にはテイクアウトがおススメ

立ち食いテーブルの高さは、110cmほどでした。
目安としてテーブルの写真も以下のように撮ってみました。

写っている筆者の身長は155cmです。
私の身長(155cm)ではさほど気にはなりませんでしたが、背の低い女性やお子様は店内の飲食はきついかもしれません。

お店はテイクアウトも可能で、お店入り口横に大きなテーブルが2つ用意されているため、雨が降っていない日に座って食べたい方はテイクアウトをしてそこで頂いてもよいかもしれません。


筆者が訪問した日もテイクアウトされたお客さんが、3名ほど目の前のテーブルで頂いていました。
また、店員さんもお水をお客さんに出していらっしゃいました。

SANZOU TOKYOにぜひ行ってみて!

今回筆者は2種類のカレーを頂きましたが、どちらもとてもおいしかったです。

下北沢にはスパイスがとても強いカレーも多く、それに比べるとややスパイスは薄く感じられましたが、具の素材の味が活かされており、シンプルだけど病みつきになる味でとてもおいしかったです。

柏の本店に行く機会がない方、柏本店以外のカレーを食べてみたい方、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。きっと気に入ると思います!

SANZOU TOKYOのアクセス、施設情報は?

【住所】
155-0031 東京都世田谷区北沢3−19-20 reload 1-7

Googleマップは以下より

【アクセス】
小田急線、京王井の頭線 下北沢駅徒歩4分
小田急線東北沢駅徒歩4分

【営業時間】
11:30〜21:00 ※変更になる場合がございます。
[定休日]月曜日
[TEL]03-5738-7744

お店の公式サイトはこちら

SANZOU TOKYOの出店している商業施設、下北沢reloadの紹介記事は以下より。

下北沢の下北線路街にreloadが開業!グルメや気になるお店情報も!
下北沢に新たな商業施設がオープンしました。その名は「reload(リロード)」。今回はreloadのグルメなどレストラン情報や施設へ行ってみたレポートをご紹介します。すでに有名カレー店やシーシャのお店がオープンしています。
タイトルとURLをコピーしました