良いモノ

人気のたこ焼き器とおすすめの選び方【ガス 電気式】

家でたこ焼きを作ったり、たこ焼きパーティーをする際に必要なたこ焼き器のおすすめや、選び方、種類を解説します。

たこ焼き器の種類は、直火ガスと電気の2種類

まずたこ焼き器を選ぶ時に考えるのが、直火ガスタイプと電気タイプの2種類あるということです。

直火ガスタイプ

カセットコンロのような形式で、たこ焼きの鉄板プレートを直火ガスで熱するタイプです。

イワタニ カセットガス たこ焼器 スーパー炎たこCB-ETK-1 【品番】GTK8201

【メリット】

  • 火力が強い
  • 火力が調整できるのでたこ焼きを自分好みの味で作る事ができる

ガスで火力を調整する事によって焼き加減を自由に変えられるため、外はカリカリ中はトロトロのような作り方もしやすくなります。

美味しさ重視の方はガスコンロ形式のたこ焼き器がオススメです。

【デメリット】

  • 価格が高め
  • ガスボンベを用意する必要がある

ガス方式は、電気方式よりも価格は高めになります。相場は、3500円〜7000円ほどです。
ガスボンベを用意しなければいけないので、頻繁にたこ焼き器を利用しようと思っている場合は予備のガスを準備しておいた方が良いです。ガスは通常のカセットコンロ用のものが利用できます。

カセットコンロ型ではなく、キッチンのガスで利用できる、鉄板のみでも販売されています。
たこパのようにリビング・ダイニングでわいわいたこ焼きを作るのではなく、キッチンで黙々と作りたい方は鉄板だけを買うのもおすすめです。

和平フレイズ たこ焼器 16穴 元祖ヤキヤキ屋台 アルミ鋳物 YR-4259

電気タイプ

電気タイプはホットプレートのように電気でプレートを熱するタイプです。

山善(YAMAZEN) たこ焼き器(着脱プレート式) レッド YOA-240(R)

メリット

  • ホットプレートのように手軽に使える
  • 価格が安い物が多い
  • 人気のたこ焼き器のほとんどは電気タイプ

電気タイプのデメリットは、

  • 温度を調整できない物が多い
  • 鉄板の外側の角の部分は熱が通りにくい
  • 鉄板プレートを外せない場合は洗うのが面倒

電気タイプを購入する際は、プレートを取り外して洗えるタイプがオススメです。

安い物はプレートが取り外せないタイプが多いので、使った後に洗うのが非常に面倒になります。

プレートを取り外して使えるタイプで値段も安くオススメなのはAmazonで販売されている山善以下のタイプで、筆者も実際に使って満足度は高いです。

こちらは価格が2000円程度と安くにも関わらず、プレートをはずして簡単に洗えるのでオススメです。

また、以下のような電気タイプのたこ焼き器は平たい替えのプレートがついているものもあり、普通のホットプレートとして利用できるものもあります。

アイリスオーヤマの以下の2機種は平らなプレートもついていて、ホットプレートとしても利用する事出来ます。

こちらはセラミックコートタイプなので焦げ付きにくいタイプです。

こちらはたこ焼きプレート・平らなプレート・焼き肉プレート(油を落とせる凸凹な穴あきプレート)の3つのプレートがついていて、3役で使う事が出来ます。

たこ焼き器はどこで買える?

たこ焼き器はネットでも購入できます。Amazon、楽天、ヨドバシドットコムなど有名ネットショップでは多くの種類が売られています。実際の店舗で購入する場合は、ホームセンターや家電量販店で購入することができます。

たこ焼き器選びのポイント

鉄板プレートに溝が入っているかどうか

鉄板プレートに溝が入っているものだと生地を串で切りやすくなります。

鉄板プレートの素材

鉄板プレートの素材は本格的なたこ焼きを作るなら、「鉄プレート」、焦げ付きにくい「テフロン加工」「セラミック」があります。ご家庭で手軽に作るには「テフロン加工」「セラミック」のどちらかを選ぶのが良いでしょう。

穴の個数

食べる人数にに合った穴の個数のプレートを選びましょう。
一般的には20個〜30個のものが多いです。

おもしろたこ焼き器

たこ焼きパーティーをする際はあえて普通とはちょっと違ったたこ焼き器を選んでみると楽しめるかもしれません。
おもしろたこ焼き器をご紹介します。

自動でひっくり返してくれるたこ焼き器

ある意味画期的!?な自動でひっくり返してくれるたこ焼き器です。

お値段も1万円越えと高めですが、おもしろさ重視の商品ですね。

できるだけ手間をかけずにたこ焼きを作りたい方には向いています。しかし、たこ焼きをひっくり返して作る過程を楽しむタイプの方にはつまらないかもしれません。

とにかくデカいたこ焼き器

直径8.5センチのたこ焼きが作れる、メガたこ焼器です。

D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(びっくりメガたこ焼き)

価格も2000円程度なのでパーティー用にも良さそうです。

おしゃれなたこ焼き器も

デザインがおしゃれなたこ焼き器もあります。

アイリスオーヤマ 着脱式ホットプレート アイボリー PHP-1002TC-C

アイリスオーヤマのこちらのシリーズは

  • 温度設定が可能
  • プレートの取り外しが可能
  • 素材がセラミックコートで焦げ付きにくい
  • フラットプレートもついていて普通のホットプレートにもなる

という便利な機能の多い商品になっています。

【まとめ】

たこ焼き器の選び方の規準としては、火力や細かい焼き加減にこだわるなら直火タイプ、安く普通にたこ焼きを作りたいなら電気タイプが適しています。

電気タイプの中では、プレートを取り外せるタイプの以下の山善の商品がおすすめです。

値段も2000円程度なのでお手頃価格です。

この商品は実際に筆写の家でも購入し使っているものです。レビューとしては、四隅は熱が通りにくく時間がかかりましたが、それ以外は特に問題もなくキレイにたこ焼きが焼けました。プレートはテフロン加工がされていて、ひっくり返しやすかったです。

< Aamzonのたこ焼き器ランキングはこちら >

< 楽天のたこ焼き器ランキングはこちら >

暖房いらず?冬の室内を暖かく過ごすグッズまとめ

今年は暖冬と言われていますが、冬の冷えを感じずに過ごすためのグッズを紹介します。

着る毛布

もはや定番とも言えますが、着る毛布は絶対オススメです。
トイレの際に脱がなければいけないのでちょっと面倒ですが、筆者は2年前に購入してから、冬は手放せなくなりました。

続きを読む